難所を凌ぐ

棘の生えた木の混じる篠竹のトンネルをくぐるときには、スベリの良い生地のアメノヒのようなシェルを着たほうが余計な引っ掛かりが無く歩きやすい。尾根上に突然現れた巨岩を巻くときには、細身のパンツに細身のゲイターの方が足元を見やすくて安全に通過できる。肩掛けのサブバッグを持つならば自分の膝で蹴り上げないように短めに掛けたほうが良いし、収納品を厳選して厚みを押さえ足元を見やすくしたい。そして一番大事なことは行動中に感じた不便を後回しにせずにその場で修正することだ。面倒がって後回しにすると痛い目に会う。

shinogi-variroot