#凌いで候う キャンペーン春の陣 当選者発表

#凌いで候う キャンペーン春の陣 当選者発表

このキャンペーンが始まってすぐに、新型コロナウィルス感染防止に伴う緊急事態宣言が発令され、キャンペーン期間中もそれが続いたためにシノギングに行けない日々が続きました。そんな状況にもかかわらず、たくさんのみなさまが参加して下さったのでホッといたしました。ありがとうございました。

 

みなさまの投稿を厳正に審査させていただきましたのでその結果を発表いたします。

 

 

 

凌いだで候う賞

アカウント名:katahane.hiro様 

 

決め手:凌の着こなしはやっぱり日本の風景にマッチするんだなど改めて思った一枚。フリシキルとアメノスカートが笠と杖、そして満載のフレームパックと調和して、まるで芭蕉の旅のお供をする曾良のようだ。

滲み出る湿り具合と石段をわずかに盛り上がらせる木の根の生命力もとても良く、凌の世界が見事に描写されている。

 

 

 

惜しかったで候う賞(順不同)

 

アカウント名:timetriper様 神奈川県

決め手:まず、絵の中にひらひらと揺れるフタエズボンとそれに合わせたミチクサ&ヒトリシズカの着こなしが素晴らしい。肩に掛けた風呂敷から、ちょいと裏山に凌に来たことが見て取れる。そして、明るい若葉の奥に控える曇り空に胸がざわざわした。

 

 

アカウント名:trailand様

決め手:昨年の選抜超シノギングのひとコマでしょうか? 壁を凌ぎながらもちょっと笑っちゃっているようにも見えて失礼ながらじわじわ笑える作品。親亀、子亀、孫亀(笑)。ULの人たちにあきれられそうな、それでいて凌らしい一枚。

 

 

アカウント名:masyurin様 北海道

決め手:アグラスカートでうろうろする写真を何枚か投稿してくれたのだが、雪の中で突如アグラスカートにすっぽり収まっているこれがとても良かった。こっち見てますよね?(笑)

 

 

アカウント名:rico.shiba様 大分県

決め手:凌の正装に身を包んで湿った渓を凌ぐシノラー。凌には湿った風景が似合う。万が一に備えて凌ピッケルを忘れていないところが素晴らしい。きっと経験豊富なシノラーさんなのだろう。

 

 

アカウント名:yasuhiro_0926様 東京都

決め手:アメノヒの下にツユハラヒを巻いているところで凌アイテムの使い方をよく理解していることがうかがえる。それにしてもモデルの様にさっそうと歩いてくるところが気に障る・・・、いいえ嘘です。

 

 

アカウント名:ymvt_slz様 東京都

決め手:確かご本人の投稿に狂気と書いてあったとおり、ハカマスカートと足の写真ばかりが10枚も! まさに狂気でしかないがそれも凌の美学なので仕方ない。

 

 

アカウント名:higashi3298様 福岡県

決め手:まあまあの急斜面なんだろうけど、ローアングルなので短い杖を突いて歩いているように見えてしまう(笑) いや、躍動感のある素晴らしい一枚。凌ピッケルを正しく使ってくれている。

 

 

アカウント名:tadasi310様 広島県

決め手:褐色の肌と白い歯、そしてカメラ目線の笑顔にイチコロ。ツユハラヒをこんな風に使えるということは普段からちゃんと使いこなしている証拠。素鼠と臙脂色の配色もとてもいい。

 

 

アカウント名:ginza_insta様

決め手:締め切り間際に連投してくれたおかげでにぎわいました(笑) とてもまじめにスマートに凌アイテムを着こなしてくれている。これが冬のだらけ処の正装だ。ヌノバケツ、シノギチャブダイ、凌提灯と凌愛を感じる作品。

 

 

アカウント名:jijilocopiki様 

決め手:ぱっと見では露岩に同化してよくわからなかったのだが、よく見るとぽつんと虚ろな目で座っていらっしゃる。こんな風に己の存在を隠せるとはなかなかのシノラーさん。やるではないか。

 

 

 

惜しくも当選されなかった作品も含め、投稿していただいたすべての作品を拝見すると、いかにも凌らしいものからほのぼのとしたものまで、想像以上に幅広い場面で凌アイテムを使っていただいていることがわかりました。シノギングイベントでみなさまとお会いすることができない中で、みなさまの自慢の凌ぎっぷりを拝見するのはとても楽しく仕事の励みにもなりました。改めましてこのキャンペーンにご参加いただいたみなさまにお礼を申し上げます。

 

7月には #凌いで候うキャンペーン夏の陣を予定しています。それまでには状況が少しでも良くなっているといいですね。それではみなさま、お身体にお気をつけてお過ごしください。

 

あー、早くシノギングイベントを再開したい!!