「創造する人」を訪ね歩き

悶々茶屋 その1:寒川ハジメ氏

創造する人は悶々としている。悶々としているから創造する。 ハンモックカフェならぬ「悶々茶屋」は、木々の間にひっそりと現れる、ささやかな心の一服処。苦しくそして素…
続き
悶々茶屋 その1:寒川ハジメ氏
房総半島のおへそ

マイクスアウトドアフェア2017に出展します

房総半島のおへそ

都心部の喧騒から逃れるように房総半島に向かい、おおよそ1持間ほどでホウリーウッズ久留里キャンプ村に到着します。神聖さすら漂わせる樹齢100年を超える木々に守られ…
続き
これからの山の旅にはハンモックを

HAMMOCKS for Hiker 2017に出展します。

これからの山の旅にはハンモックを

JR中央本線を梁川で下車し、倉岳山へ向かう道の途中の林道を少し降りていくと、月尾根自然の森キャンプ場はあります。風を遮り、ほどよく日差しを届かせながら、ちょうど…
続き
春の六甲山で会いましょう

Mt.Rokko Outdoor Sessionに出展します。

春の六甲山で会いましょう

六甲山は大阪湾を囲む神戸市街地の夜景の展望スポットでもあり、快適な高原で羊と触れ合うことができる牧場や、年間の平均気温の低さを生かした高山植物植物園などなど、ケ…
続き
「凌」という山歩き

-凌ぐとは、足りることを知ること-

「凌」という山歩き

 現代の、防水透湿素材を始めとする機能素材の進歩はとてもめざましく、その恩恵で多くの人は快適に山歩きを楽しむことができるようになりました。例えばレインウェアは、その完璧なプロテクションによって、身体を雨から守ってくれると同時に、衣服内の湿気を外へ排出する透湿性も兼ね備えています。ただし(もちろん個人差もありますが)内側からの汗による濡れは、状況によってはこの機能素材の透湿性能を上回ってしまう場合があるのです。この汗を乾かしてくれるものは「風」以外にありません。高温多湿で峻険な地形の多い日本の山登りにおいて、アクシーズクインでは特にこの汗の排出の問題に対して、本当にたくさんの試行錯誤を重ねてきたのです。

 

 雨から濡れないように身を守り、体温を奪われないように風を防ぎながら、同時に汗を乾かしてくれる風は通したい。この矛盾した開発目標を叶えるた...

続き